子どもたちの「どうして?」「これなあに?」「どうしたらいいの?」に心を込めて応えたい

教育目標


西須磨幼稚園においては

 

 

人間の幸せは、健康な体が基本となります。

幼稚園において外でのびのびと外気にふれ、遊びましょう。
幼児体育専門の先生が常に子ども達との体育あそびの指導にあたっています。
バスで7分のところにある、“ちびっこ広場”で土に触れ、自然に触れて、野外活動の中で体づくりをします。
室内では、乾布まさつをして皮膚を強くし、外から帰ったら各クラスで必ず手洗い・うがいの習慣をつけます。
食前の手洗い、食後の歯磨き、よく噛んで好き嫌いを減らして食事をするなど、体づくりの基本である食事の習慣を少しずつ身につけていきましょう。
目・耳・のど・歯の病気も成長に大きく影響します。
病気は早期にみつけ、適切な治療をしましょう。

ご家庭と協力して、体づくりの基礎をしっかりつくりたいと思います。


集団生活に入るとお友達と遊ぶ経験が広がります。

お友達と遊ぶ経験の中でおもちゃの取り合いや、ケンカがおこってきます。
病気で休むお子様もいます。
そのような友達関係の中で、おもちゃを交代で使うなどのゆずりあう心・病気で休んだ友だちに1日も早く良くなってほしいと思いやる心が芽生えます。
素直に「ごめんね」が言えるよう、そして「いいよ」と許してあげる心を養います。友だちに対してだけでなく、動物や植物に対してもそうです。クラスで飼育しているメダカやかぶと虫にエサをあげて育て命の大切さにふれています。
ちびっこ広場で種から植物を育て収穫する時の喜びは格別で、大事に大事に持って帰る姿はまるで、宝物をかかえるようです。


ご家庭でなんでもお母さんにしてもらえた赤ちゃん時代を卒業し、自分ひとりでする力を身につけていきます。

幼稚園とご家庭が協力して、子どもとして、自立する力を励まし認めてあげましょう。先生の話を自分の耳でしっかり聞き理解し行動できる力・そして友だちと協力してひとつのことを成し遂げる経験を大切にしていきます。
集団生活の中では、我慢しがんばることも必要です。
一つひとつの幼稚園の行事は大きな意味を持つとともに、竹が成長する節目のような役目をします。
ひとつの行事が終わった後のお子様一人一人の成長と友人関係の深まりは素晴らしいものがあります。


これらの目標を柱として幼稚園では、保育をさせていただきます。
お子様のよりよい成長のために、連絡帳やお電話でお互いに連絡をとり、一貫性を持った指導にあたりたいと思いますので、ご協力よろしくお願い申し上げます。


PAGETOP
Copyright © 学校法人 西須磨幼稚園 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.